医療保険とは 医療保険とは、生命保険と一緒に考えられやすいのとは言っても、生命保険とはまた異なっています。医療保険というものは病気やけがをして入院をしてしまったときや手術をしたりしたときにお金がもらえる保険の事です。入院のための医療保険と言いますといままでは終身保険の死亡保険の中につけられている事が多かったと思いますよ。特約と言った感じでつけられていたかだといえますね。 入院保障を特約で生命保険につけていたと言う場合には、その内容は延長をしたとしても80歳といった年齢を境にして入院保障が中断されてしまうのです。80歳と言いますとこれから入院する機会も増えるという時期なのにそこからまた新たに入院保険に入りたいと思っても、死亡保険に入らなければ入院の特約をつけられないといった事もありました。 そこで考えられたのが単品として医療保険、入院保険、がん保険を販売していると言った考え方でした。日本の保険会社ではなく、海外の外資系の保険会社でこの保険は始まったのですが医療保険として、入院中の保険を終身保障してくれるという特徴があるはずです。 これから先医療費の自己負担はもっと負担が大きくなるといわれているのですが、長じた異国の日本ですから万が一のことに備えて医療保険に加入しておくという事は必須と言われているものです。 医療保険は入院や病気、けがをしたときに給付金が下りる保険として入っておいた方がいいでしょう。死亡保障とあわせて加入すると安心ですから入っている人は多いのですー